デクノボウだった僕が1日で4000字の記事を3つ書いたら世界が変わった。

Pocket

どうも、くまです。

人間誰しもやる気の浮き沈みってありますよね?

僕自身もその1人ででやる気が出ない日が何日も続いてしまっていました。
プロの仕事人としては良くないことなんですが。

いわゆるデクノボウです。木偶の坊。
立っているだけで何にも役に立たない奴のことです。

そこで、何か起爆剤が必要だと思い、今までの価値観をぶち壊そうと考えました!

名付けて、
「爆成」
爆発的に成長しようとするプロジェクト。
なんかダサい。

でもやることに決めました。

さて、

先日、1日で1万字以上書くぞ!って決めたんですね。

「爆成=1日1万字書くこと」です。

最初はめっちゃ大変です。

1万字っていう圧力やばくないですか?

ハードルが高すぎるように感じるのは僕だけではないと思います。

かなり大変です。

でも、実際にやってみると意外とできてしまったりするものです。

もちろん超集中しました。

でも、あっさり1日1万字達成しちゃったんですね。
1万2000字くらい。

いつも、2000字くらい書いて大満足して鼻高々になっていたのですが、価値観がぶっ壊れました。
崩壊です。
僕でも1万字書けるんだ!っていう自信がついたのですね。

良い方向に考えが転びました。

やったことないと難しそうに思えるじゃないですか。
1万字って。。。無理でしょ。。。
そう思うかもしれません。

でもやってみるとできるものなんですね。
普通に暮らしていると、
「死ぬ気でやる」
という経験がないです。

でも、いざ
「死ぬ気でやる」
と別に死なないし、大変だけどできちゃうわけです。

一度
「死ぬ気でやる」
ことができれば、自分の当たり前のレベルを引き上げることができるんですね。

1日で1万字書けたなら、1日8000字くらい余裕だな。
そんな感覚になれるんです。

今回の爆成プロジェクトは、かなり良い結果でした。

これからも様々なプロジェクトを立ち上げる予定。

圧倒的成長を感じた日でした。

圧倒的成長をするには、退屈から逃れる必要があるわけです。
→退屈は人生の充実度を下げる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

2 件のコメント

  • 文章を書きはじめて二ヶ月になりますが僕はまだ一日5000文字ぐらいです。「死ぬ気になる」って大変そうだな、とりあえず「超集中」の方を頑張ってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。