映画『グレイテストショーマン』感想と評価レビュー ミュージカル映画に興味なかったんだけどなぁ

Pocket

(グレイテストショーマン公式サイト抜粋:http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/)

どうも、くまです。

 

先日、映画『グレイテストショーマン』(The Greatest Showman)を観に行ってきました!

グレイテストショーマンは、2018年に最も話題となっているミュージカル映画です。

少し紹介すると、

グレイテストショーマンは、

19世紀アメリカの実在の興行師と言われたPTパーナムの半生を描いたミュージカル作品です。

とても面白かったので、僕の主観で感想&評価レビューをしますね〜

 

ぶっちゃけミュージカル映画に全く興味なかった

ぶっちゃけますが、

僕はグレイテストショーマンを見る前は、ミュージカル映画に全く興味ありませんでした。

 

ミュージカルってよくわからんオペラ歌手とかが歌ったり踊っているやつでしょ?

ただただ座ってミュージカルを鑑賞するのって時間の無駄じゃん、

友達と遊んでいる方が100倍楽しいし、

有名なJpopとか聞いた方が有意義な時間を過ごせるんだけどな

って思い込んでいたんですよね。

 

あ、ちなみに僕は米津玄師好きです。LOSERって曲がオススメ。

オススメな歌手や曲があったら教えて下さい。笑

→米津玄師LOSERの歌詞が共感半端ない 歌詞の和訳全訳と意味

 

 

おっと、横道に逸れた。

 

そうそう、ミュージカル映画なんてこれっぽっちも興味なかったんですけど、

友達に、

「考え方変わるよ!これ絶対に観た方がいいから!」

「観ないと絶対に損だよ!今まで見た中で1番よかった映画かも!」

みたいに超食い気味に勧められたんで、

「しょうがねえなぁ」

って感じで渋々観に行く事にしました。

 

 

で、映画『グレイテストショーマン』を観る前に、

映画の内容が少し気になってしまったので、

予告を見たんですね。

 

それがこちら。

 

お、結構面白そう。

徐々に興味が惹かれてきました。

 

グレイテストショーマンを観るために映画館に足を運ぶ

で、実際にグレイテストショーマンを観るために、映画館へ足を運んで見ました。

いやぁ、案の定、超面白い。

グレイテストショーマンについて軽く語ってみたので、

よかったらどうぞ。

めっちゃ脱線していますね。笑

 

まぁ、色々思うことがあったんですけど、

全然興味がなかったミュージカル映画だったのに、ミュージカルシーンに心を打たれました。

ミュージカルが始まってテンションが上がって、

ミュージカルが終わって一旦落ち着く。

そのようなシーンが何度も続きました。

音楽もいいし、見終えたらハッピーになっていました。

と、こんな感じ。

鉄は熱いうちに打てとよく言うので、簡単に僕の感想とレビューでした。

 

グレイテストショーマンを観て思ったのは、

このグレイテストショーマンの主人公のように、

自分で道を決めて突っ走ることってなかなかできませんよね。

なんとなくやりたいことはあるし、

やってみたい気持ちはするんだけど、

面倒だし別にやらなくてもいいかなぁ。

という感じでなんとなく生きているかもしれません。

だって、毎日情熱をもって人生を全力で生きている人ってあまりいませんもんね。

そもそも、今何をすればいいんだああああああああぁぁぁ

っていう方もいると思います。

 

僕は、人生においてやりたい事ってなかなか見つかるものではないと思っています。

だからこそ、ちょっと興味があったり、やってみたいことがあるなら、

その過程で興味があるものを深ぼっていくしかないんですよね。

 

僕の場合、

ネットを活用したビジネスで起業したのですが、

ビジネスを始めてからは、

人に迷惑をかけなければ、ぶっちゃけお金を稼げればなんでもよかったわけです。

そのために、色々学んでいったんですよね。

この商品はどのようにしたら売れるんだろう?

お客さんがバンバン購入してくれる商品はどのように作ればいいんだろう?

そんなことを勉強しまくったんですよね。

 

ネットビジネスを始める前は、

お金がなくてケチで、コミュ障で人生に絶望して、生きる意味を見出せませんでした。

自分がどのようにして社会貢献しようなんて一ミリも興味なかったですし、

それこそグレイテストショーマンみたいなミュージカル映画を観るのも面倒でした。

というか、恥ずかしかったんですよね。

人と会話をしなさすぎて大学の友達にすらコミュ障を発動しまくって、

「ミュージカル映画観てるんだ〜」

なんて当時の僕だったら言えませんでしたもん。

変にプライドも高いので、

仮にミュージカル映画を観ていたとしても、

カッコつけてミュージカル映画なんて観ていることなんて人に言いたくありませんでした。

似たような境遇を経験したことがある方は共感してくれるかもしれません笑

ビジネスをしてお金稼ぎまくりたい!

なんて言えやしません。

 

今となっては、

お金を稼ぎたいっていうのももちろんありますが、

スキルをさらに磨きたいっていう気持ちが大きいですね。

 

何をやればいいんだろうという方は、

お金を稼げるようになるためのスキルを身に付けることをオススメします。

というのも、

お金を稼げる=価値を生むことができる

ことですから。

その辺の話をするとさらに長くなってしまうので、

さらに知りたかったら僕の無料メルマガに登録してみてください。

 

このようなことを言うと、

お金より大切なものがあるだとか、

お金持ちは性格が悪い奴らばかりだとか言う方がいますけど、

お金を稼ぐって、至極全うな発想だと思いますけどね。

 

お金を稼ぎたいから、

バイトをするし、会社に出向いて働きますよね。

僕からしたらそれってお金を稼ごうとしている行為じゃないの?

って感じです。

みんな自分のために生きているわけですから。

 

話が脱線しまくっていますが、

・ミュージカル映画の偏見を脱して、グレイテストショーマンを観たらめっちゃ良かった!

・やりたいことがないならお金を稼ぐスキルを身につける事をオススメ!

ということを声を大にして言いたいですね。

 

ミュージカル映画ではないですが、これも良かったですよ。笑

→のび太の結婚前夜で、まさかの登場人物に泣かされた。

 

今回はこんな感じで。

ではでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。