僕は今までプライドが高すぎたんだよなぁ。

Pocket

どうも、くまです!

 

今回は、 プライドはマジでいらない

ってことを伝えたいです。

 

そのために

僕がプライドが高かった頃の話をします。

 

大学入試が終わってからのこと、
僕は大学入試の2次試験が終えた日に3DSとマリオカートを買いに行きました。

ゲームが好きで、今まで我慢していたゲームを解禁できて嬉しかったのを覚えています。

ただ、僕は試験当日で受かったことを確信したから、「試験当日にゲームを買いに行った」と友達に自慢しまくります。


プライドが高かったんですね。

さらに、本当は、大学入試まで我慢してきたゲームを買えてめっちゃ嬉しいはずなのに、
友達には
「このゲーム普通だよなぁ、ってか、もうほとんどゲームクリアできたから飽きそうだわあ」
とか言って、感情を抑え込んでいました。

「僕はゲームが得意だからお前には負けないよ」
って友達に遠回しに喧嘩を売っていたのかもしれませんが、はっきり言って無意味ですね。

このように、高校生の時もプライドが高かったのですが、
大学生になってから、さらにプライドをこじらせます。

比較的余裕で大学に合格したと思い込んでいる僕は(勘違い)、
「大学生って遊び呆けているだけで、こいつらどうせアホの集団だろ、俺は頭いいけどw
といった謎の理論を脳内で繰り広げていました。

多くの人は、大学に入ってから友達を作ると思うんですが、
僕は、はなっから周りの人に高圧的な態度を取ってしまうんですね。

入学式の日に
「センター試験何点取って、2次試験は何点取ったんだぜ~」
みたいな自慢をしまくります。

今思い返すと、誰にも需要ねえよって思いますし、
はっきり言って自慢でもなんでもない点数だったのですがw

~その後~

そんなこんなで

軽い引きこもりになりましたw

友達に高圧的な態度をとる
友達からこいつはクソだと思われる
友達が離れていく
話す相手がいなくなる
遊ぶ友達もいないので引きこもる

っていう負の連鎖に入っちゃったんですね。

そしたら、大学に行っても、
全然話し相手がいなくなってたんですね。

今までの友達はいつも学校で会っている友達がいるけど、
僕は久々に行ったもんだから、1人ボッチ。

というか今までの友達も離れていってしまったのですが。

自己責任なんですけど、それがもう耐えられなかった。

さらにひねくれたんです。

最近授業来ないよね、と数少ない友達が聞いてくれても

「大学の勉強ってほとんど意味ないじゃん。ってか余裕で単位もらえるし。」

「マジで授業行く意味ないから。」

とか嘘ついて

ほんとは友達いないからなのに、それが言えなかったんですね。

だって、プライド高すぎたから。

そして、家に引きこもる。

別に家にいたら動かなくてもいいし、人間関係も気にする必要もないし、楽なわけです。

そうやって現実からどんどん逃げまくってたんですね。

全然友達できないし、被害妄想すごくて、
夏休みに入ったら授業はないから誰にも会わなくても良いと胸をなでおろしていました。

サークルの合宿がある時も、本当はめっちゃ行きたいのに、
「その日は予定があって・・・」
と嘘をついてわざと行かなかったりと本当によくわかんない奴でしたw

大学の友達がいなくて、
数少ない高校の友達と遊んで紛らわしたりと、
ほんと、今思い返すとあほやわ。

そんなこんなで、孤独で一人苦しんでいました。。。 

本当にプライドが高すぎたわけです。

たとえば、

大学に入ったときに優しく下から入って友達に接していたり、

本当の自分の気持ちを友達にぶつけていたら、

もっともっと充実した大学生活も送れていたはずですし、

大学1年生の途中からでも、

友達いないとこからでも、

取り返しついたと思うんですよ。

でも、プライドが邪魔して、

「友達とかいらないや。」

とか言っちゃって。

悲しい人間だったわけです僕は。

めちゃクソひねくれものだったんですよ。

「自分も仲間に入れて。」

みたいな感情表現ができなくて。

そんな僕が大学2年生の春休みからインターネットビジネスをはじめたことで、

プライドを捨てることができたんですよ。

いや、プライドを捨てたからこそビジネスを始めたのかもしれない。

今の僕って、

自分のやりたいことしかやってないんですね。

「やりたい道を自由に進んでいる。」

ただ、それだけなんですね。

自慢することも、高圧的な態度をとることでもありません。

まあ、今でもプライドが高いところがあるのですが、

昔よりは全然マシです。

ビジネスをはじめるのだって、

「経済的に自立したい。」

「優秀でなくていいから、自由で充実した生活を送りたい。」

ってプライドを捨てられたから始めたわけで。

周りに流されてたら今ごろ就活バリバリしてますよね笑


「才能あるやつだけビジネスできるのではないか」

疑った時期もありましたし、

レールに敷かれた道を進む方がいいのではないかと思うこともありました。

でも、とにかくプライド捨ててビジネスで成功したい。

それだけを思い続けて行動したんですよ。

ビジネスの世界は、

なにもかもが初めてなことですし、

怖かったです。

だって知らないことだらけでしたもん。


騙されているのか?

これって洗脳なのか?

とか脳裏をよぎったこともあります。

でも、自分で選んだ信じる人を信じて、プライドをなるべく捨てて、

ちゃんと実行して、ちゃんと努力してきて、

そして50万円とか、稼げるようになったんですよ。

そして、プライドをなるべく捨てることで、

親や友達など誰かに流されるのではなく、

自立して意思決定をすることができるようになりました。

今まで先生や友達に言われるがままに動いたり、

考えることを放棄していたんですよ。

自分に素直になって、本心と向き合い、

プライドを捨てて、周りの人の良い部分を吸収するようにすると、

意思決定がすんなりできるようになるんですね。

そう考えるとプライドを捨てることってクソ大事じゃないですか。

僕はプライドを捨てて人生が変わりました。

今の僕なんて超絶、プライドないですよw

素直に意思決定できるようになりましたし、周りの意見は尊重します。

誰かを下に見るっていう感覚は忘れました。

なんかやりたい!って思ったら我慢せずやるし、

これはやりたくない!って思ったらやらない。

もし今でもプライドが高かったら、やりたくないことも全部やってしまいますw

なんも我慢なんてしていません。

我慢する必要ありません。

プライドを捨てて素直になることがどんなに大切か。

「今の自分にはできない」とか、

「自分なんてそんな才能もないですし、」とか

言っちゃう人いるんですけど、

自分で勝手にできないって決め付けるからできないんですよ。

そうなっちゃダメです。

やりたいって思ったなら、

やればいいじゃないですか。

できるできないなんて結果論なわけで、

できなかったら、違う道に進んでもいいし、また挑戦してもいいですよね。

そうやってプライドを捨てて突き進むのが大事。

誇りはもっていいんです。

でも、プライドはいらない。

マジで捨てよう。

 

僕は理念を貫くことにしたのでプライドなんかいりません。
→くまの理念「自由であれ、充実であれ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

1 個のコメント

  • 自分も同じくプライドが高い方なので、内容が痛いほど分かります。そこを自覚して自分の道を歩き出したところがすごいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。