努力は方向性を間違えると努力ではなく誤った努力も努力ではない

Pocket

どうも、くまです。

努力って何でしょうか。

今回は、正しい努力と間違った努力について話していきますね。

 

さて、突然ですが最近、アーロンチェアを買いました。

これです。

まじで、神すぎてやばいです。

何がすごいのかというと、

アーロンチェアを買ったら集中力が超上がったのです。

集中力が上がったおかげで、

知識が増えてその知識をビジネスで活用して、甘い蜜を吸わせて頂きました笑

 

ちょっと話が反れましたが、早速本題に入っていきます。

 

一般的に、努力することは大切だという風習がありますよね。

実際に、何かの目標を達成しようと思ったら頑張らなければならない場合が多いです。

僕自身、目標を決めてその目標に向かって進むことがあります。

 

ただ、僕は方向性を間違えている努力や誤った努力は真の意味で努力ではないと捉えているんですね。

方向性を間違ってしまって無駄な時間を過ごしてしまったり、

誤った方法で努力をした気になってしまい、

実は目標達成にはほとんど影響がなかった、

なんてこともあるのです。

 

つい先日もこんな出来事がありました。

僕に連絡をしてくれた方が、

「稼げるようになるためにひたすら頑張ります!」

と言ってきたんですね。

それに対して僕は、

「ひたすら頑張っても、間違った思考法で努力してもダメっすよ」

と答えました。

 

その後、連絡してくれた方にビジネスの本質や思考法についてお伝えしたら、

今までの考えがショボかったらしくて反省していました。

「確かに、言われてみればほんとにそうだなって思いました。

いくら頑張ったところで変な方向に進んでしまったら、

これから無意味な時間を過ごすことになっていました・・・

もし、正しい思考法を知らなかったら今頃どうなっていたことか^^;」

と言っていました。

同時に、

「ただただ頑張って努力するのではなくて、

考え方を学ぶことで目標達成までの道を一直線に進めると知れました!」

とのことでした。

 

その方は今までの考えが変わって、

ビジネスをしていく上で自信がついたそうです。

自信が得られると強いですよね。

堂々とどっしり構えることができるので、

色々な人に尊敬されるし、

ビジネスがうまくいく可能性も高くなります。

さらには、ビジネスでお金を稼いでいくこと自体も自信になるのです。

自信を得てくれて僕も何よりです。

 

さて、勤勉家の日本人は他の国々の人より努力が好きな傾向があって、

努力することが美しいとか努力することは大切だという考えが染み込んでいます。

努力している自分がかっこいいとか、

努力していない奴がダメという風に考えてしまう人がいるのも頷けます。

 

ただ、間違った努力もあることも認識すべきなのです。

努力すること自体が目的になっていたり、

努力している自分に酔っていて目標から外れていたら意味ないわけです。

 

苦しい思いをすることが努力なのではありません。

努力のための努力をしていてもなんの意味も無いのです。

努力しても報われないと言っている人は、

残念ながら努力の方向性が間違っていることが多いです。

このように偉そうに言っていますが、

僕も見当違いな努力をしていて泥沼にはまったことが何度もあります。

サイトで稼ぎたくて無思考でひたすら記事を量産しても1円も稼げなかったり、

優先度が低いことばかりやってしまい、結局本質的なことをやっていなかったり、

twitterのアカウントを量産して、リンクを貼りまくってもユーザーから反応がなかったり、

デザインに凝りすぎてデザインだけで1週間経っていたり、

などと残念なことばかりして、回り道をしながら歩んできました。

 

僕は、努力は必ず報われるなんて絶対に言いません。

正しい方法で努力をしていかないと結果にはほとんど反映されません。

さらに言えば、間違った方法で努力すればするほどダメになってしまいます。

「これだけ頑張ったのに!」

といくら反発しても見当違いな結果が生まれてしまうのです。

 

このように言うと、

「僕(私)は今まで無駄な努力をしてしまっていたかもしれない。

でも、どうせ成功している人達は才能やセンスがあったんでしょ。」

と思うかもしれません。

 

僕はその考えを強く強く否定します。

正しい思考法で正しい努力を十分な量をすれば努力は裏切りません。

多くの人は努力の方法を知らないだけで、勝手に自分の可能性を否定して落ち込んでしまいます。

 

やればできるのに僕は

もったいないなあと。

やればできるのになあと。

思ってしまいます。

 

いやわかりますよ。

最初に一歩踏み出すのって勇気いりますよね。

未知の世界は怖いですし、

不安でいっぱいで、

どうすればいいんだろうという気持ちになります。

 

周りの人は何も知らないし、

頼れるのは自分以外誰もいない。

そんな状況だと怖くて前に進めないかもしれません。

そりゃ何も知らない世界に行くのは怖いですよ。

わからないことだらけですし、

今まで生きてきた常識が破壊されることもあります。

自分が今まで井の中の蛙だったと痛感して、プライドが傷つくかもしれません。

 

ただ、毎日退屈で何も変化がない生活でダラダラ過ごしているより、

少しでも前に進んで、

勉強して正しい努力を実践して成長していくことの方が、

明らかに人生の充実度が高いと思うんですよ。

 

僕自身、大学1年生の頃なんて、

毎日が退屈で暇でつまらなすぎて、

スマホでゲームやツイッターをやりまくっていました。

それが楽しいならいいんですけど、別に楽しいという訳ではなかったんですよね。

何もやることがなく、努力をする矛先もなくて

とりあえず吐け口としてゲームやツイッターに頼っていただけだったのです。

いやぁ、つまらなかったですね。

もう、絶対にあの頃には戻りたくないです。

友達もいなくて、

才能やセンスがある奴だけが成功すると思い込んで内向きになって、

1人ぼっちで暗い部屋で閉じこもっていました。

地獄ですよ。

心のモヤモヤを誰にも伝えずにひたすらダラダラしていました。

僕が生きている価値なんてあるのかなあと何度も思いました。

 

そんな僕がたまたまビジネスに出会って、

正しい努力の方法を知って、

ここまでこれたのは本当に運が良かったです。

ビジネスに出会ってくれた自分に感謝ですね。

才能やセンスなんかではなくて、

本質的な思考をもって勉強していけば、

うまくいくのだと身をもって経験しました。

 

だからこそ、

正しい努力を学ぶことは鬼のように大事だってわかるし、

無思考でひたすら量産するなどの間違った努力をして、

時間を無駄にすることはもったいないと感じます。

精神も磨り減りますし、

自信も無くなってしまうのは嫌ですよね。

僕は以前、一部の天才やセンスのある奴らだけが成功するのだと思い込んでいましたが、

とんだ勘違いだったと思い知らされます。

 

正しい方法をもってして勉強していけば、

月収30万や50万、100万程度ならば誰でも可能ですし、

実際に僕も月収100万円を達成しています。

好きな時間に起きては、

好きな場所で読書しては、

好きなご飯を食べて、

好きな人達と絡んでいます。

超自由ですし、楽しいです。

 

僕は病気なので、

ゆっくりできる環境に身を置くことの優先度が高いのですが、

実際に会社に縛られて長時間労働せずに済んでいますし、

オフィスなどの場所に囚われずにカフェや家で仕事ができています。

 

ネガティブで死にたくなっていた頃とエライ違いです。

結局、今までは知らないだけで、

井の中の蛙だったんだなと感じています。

プライドが邪魔して異世界を受け入れないのは本当にもったいないです。

少しずつ前に進んでいくと見える世界が明らかに変わります。

その過程すら楽しんでいけたら良いですよね。

 

僕自身、さらに楽しい未来に向かって突き進みます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。