意識だけ高い系より意識低い系になるべし!?

Pocket

どうも、くまです。

 

最近、意識高い系という言葉をよく耳にするようになりました。

ただ、意識高い系の多くが意識だけ高い系であるような気がしてなりません。

で、実は意識だけ高い系より意識低い系に見られる特徴の方が良かったりするんですよね。

今回は、意識高そうで意識低い話をしていこうと思います。

 

動画でも意識だけ高い系、意識高い系、意識低い系についてなど、

ベラベラ話しているので、ぜひ。

 

意識だけ高い系って何?

そもそも、

「意識だけ高い系」の言葉の解釈もいろいろあると思うんですが、

僕なりに解釈すると、

ムダに自己アピールばかりしている人、

意味のない行動ばかりしている人、

活動歴や人脈ほどしか自慢するものがない人

だとします。

ツイッターで意識高そうなツイートしている人もいますよね。

意識だけ高い人は、対処法に困るものです。

僕は普段、行動した方が良いよと言っていますが、

意味のない行動をしてはいけないですよね。

 

例えば、様々な人から情報を得ようとして行動しようとすると、

結局、一つも情報の本質を掴めなかったり、

表面上の知識しか身につかなかったりしてしまうのです。

 

意識だけ高い系の人は学生団体やサークルを作ったり参加したりして、

勉強会やイベントを仲間と開いてみては、

他の様々な意識だけ高い系の人や大人と繋がったりしてみて、

そこで得た知識を意識が高そうにベラベラ話すことで自分がすごいと錯覚してしまうのです。

あるあるですよね・・・笑

 

他にも、意識だけが高い人が集まるセミナーやインターンにとりあえず参加してみては、

受け売りの知識や表面的な知識をそのまま話すだけ。

そこには何の独自性がなくて、

僕は、意識だけ高い人ってただ自己承認欲求を満たしたいだけのように思えてしまうのです。

 

いやぁ僕は残念だなぁと思いますよ。

だって、意識は高いのだから行動できているわけじゃないですか。

意識が低くて何の行動をしていない人と比べたら、

意識は高いのだから前に進んでいるのです。

 

でも、意識が高いだけで行動がほとんど身になっていないのです。

意識が高い人で人脈を自慢する人もいますが、

インターネットが発達している以上、人脈はほとんど意味をもちません。

SNSやマッチングアプリに代表されるように、

赤の他人同士が気軽に繋がることができるのがインターネットです。

顔の広さなんてものはほとんど価値がないのです。

意識だけ高い人が軽い繋がりの人脈で自己アピールばかりしていても、

意識だけ高い系はこれからの時代は生き残っていけないのです。

 

意識だけ高いだけではダメ。じゃあどうすればいいのか?

意識だけ高いだけではダメなら、どうすればいいのか?と言うと、

意識低い系になるべしです。

意味わからないかもしれません。

意識低いってことは行動しなくてもいいの?

と思うかもしれませんね。

 

僕は仕組みを作る意識低い系になることを強く推奨しています

ぶっちゃけ僕は意識低い系です。

毎日ゴリゴリに仕事をするわけでもなく、

ゆったり読書などをして過ごしたり、

仲間や尊敬する方々と話しているだけなので。

 

僕は仕組みを作っているので、

意識だけ高く仕事や作業をしまくる必要もなくて、

全体を見渡してビジネスの戦略を立てて、

外注さんに任せたり、

ツールを最大限活用しているだけなのです。

無理に自分で仕事をする必要がないのですよね。

だから、僕自身はあまり仕事をしていなくて、

かなり意識低い系なのです。

 

でも、意識だけ高い人より仕事で圧倒的な成果をあげている事は自負をしていますし、

毎日が自由で充実しています。

ただ、僕自身まだまだなのでどんどん成長していきます!

 

んで、意識だけ高い系より仕組みを作る意識低い系の方が儲かるし、

求めていなくても結果的に人脈もできるし、

正しい方法で行動していけば成果も出ます。

 

意識だけ高い系は本当にもったいないのですよ。

だって、行動しまくっているからポテンシャルはめちゃくちゃありますよね。

エネルギーがあるわけです。

そのエネルギーを仕組み作りに変換させるだけで、

人生の充実度が大きく変わると思うのですよ。

 

ということで仕組みをガンガン学んでいきましょ。

何をやればわからない方はとりあえず僕の無料メルマガに登録してみて下さい。

無料で様々なことを語っているので、かなり勉強になるかと。

今までお伝えした仕組みについても紐解いていこうと思います。

 

仕組みを作らないで苦しい生活を送るのなんてもったいないです。

→仕組みを作れるだけで世の中の大人の収入を超えることができる

意識だけ高くなる理由もわからなくないですけどね。僕も前は人と比較して妬んでいましたもん。

→僕は、人生を楽しんでいて病気とは無縁の奴が大っ嫌いでした。

 

では、今回はこのへんで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。