テレビは無駄。今の時代テレビはマジで排除すべきだと思う。

Pocket

あぁぁぁサッカー日本代表の試合を見忘れた・・・

どうも、くまです。

 

今回は、今の時代にいかにテレビが無駄かを語っていこうと思います。

僕はマジでテレビが無駄で必要ない!と断言できます。

 

そんなことを叫んでいる僕も実はテレビを持っています。

大学1年生の時に、なんとなく退屈だったので、テレビを購入しました。

当時は、テレビを買ったら

「色々な番組を見たり、テレビゲームをして暇潰せるな〜」

なんて思いながらテレビを購入してそれなりに使いましたが、

その後は、ほとんど使わない始末。

 

特に、ネットビジネスを始めてからは1度もテレビを見ていません。

マジでテレビは無駄な買い物でした。

今も、もちろんテレビの必要性を全く感じません。

僕の部屋のテレビが置物と化しているので、誰かにあげるか売ろうと考えています。笑

 

テレビが必要だと思ったのは、W杯。あとは、サッカー日本代表の試合くらい。

つい先日も、日本対ブラジルの試合を見忘れていて、

あぁぁぁぁ見忘れた・・・

と落ち込みました。

まぁ、でもテレビを使わない損害はそれくらいかな。

いや、訂正します。

どうしても見たいなら、撮っておけばいい話なので、テレビを使わない損害はないですね。笑

ちなみに、他のジャンルの番組などをわざわざテレビで見たいと思ったことはほとんどないです。

 

例えば、バラエティや音楽番組などはyoutubeや他の動画番組で見ることができます。

テレビで流れている番組は、内容が薄いものが多くてダラダラ見てしまうものです。

常にテレビをつけている友達の家に行くと、ダラダラ見てしまいがちなので、自分の弱さを痛感しています。

少なくとも僕は、ダラダラテレビを見るより、本や映画を見た方がダラダラ見ないし、比較的集中して見ることができます。

テレビは、本や映画と比べると制作時間も劣るため、情報の密度や価値の大きさが違いますもん。

ニュースに関しても、テレビで見るよりネットや新聞で見た方が早いし、好きな時間帯に情報を得られます。

 

だからこそ、僕はテレビを見ないし、本や映画、ネットで情報を集めて知識を深めています。

 

テレビって退屈だから見ている場合が多いと思うんですよ。

僕自身も人生に嫌気がさすほど超絶退屈だったので、仕方なくテレビをつけて紛らわしていた時期がありました。

ダラダラして、思考停止して、アホヅラかましていました。

twitterとか2chまとめとかスマホゲームも退屈な時にやる、いい例ですよね。

僕が1年生の時は全てやっていましたからね。

やることがないから1日中部屋に引きこもって、テレビつけながらtwitterと2chとパズドラの無限ループ。

いやぁ、今思うと何やってたんだって感じですけどね。

 

まあ、テレビを見て楽しいならいいと思うんです。

僕みたいに、どうしても見たいサッカー日本代表の試合や楽しい気分になるお笑い番組とか。

でも、大体は目的意識がないままテレビをつけている場合が多いですし、

今の時代テレビと比べてネットの方が、情報の濃さも速さも手軽さも勝りますよね。

バラエティでもなんでも、ネットの方が便利だし、自ら目的としている情報だけを取りにいけます。

 

僕は、テレビが必要ないと断言できるし、今後も使うことはほぼないと思います。

テレビの時代からネットの時代にシフトしつつありますからね。

僕はネットを使ってビジネスをしているのでラッキーです。

 

無駄なことって人生の充実度を下げると思うんです。

僕にとってテレビは無駄なわけです。

 

昔の僕は、時間に関する無駄に気づいていなかったんですよね。。。

→石の上にも3年はもったいない。

ネットを使った僕のyoutubeチャンネルも良かったらぜひ。

→くまのyoutubeチャンネル

 

ということで、今回はこの辺で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

僕は月収50万円を当たり前に稼いでいます。
ですが、
月収50万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には知識やセンス、才能があったんだろ?と言われます。

僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、
人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。
コミュ障で病気で貧乏で、劣等感が半端なかったのです。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収50万円稼げるようになりました。

はっきり言って人生変わりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。

結局慣れてしまえば勝ちみたいなところがあって、
稼ぎ方を学んでいけばどんな人でも稼げるし
誰でも自信を得ることができます。

僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。

→月収50万になれた僕くまの理念  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックして月収50万円を稼いだくまの物語の続きを見る

詳細が気になる方はこちらをクリック!!
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元貧乏でコミュ障、病弱国立大学生のくまです。 貧乏でケチで、コミュ障で自信がなかった僕でも月収50万円を達成して、ビジネスには才能やセンスは必要ないと思うばかりです。 僕の根底にあるのは「自由であれ、充実であれ」です。 お金、時間、身体、精神、人間関係の自由。楽しい毎日。 そんな、自由度と充実度が高い状態を目指して生きています。